• コンタクトレンズのあれこれ
  • コンタクトレンズのあれこれ
  • コンタクトレンズのあれこれ

コンタクトレンズの選び方はハードとソフトを比較します

着用している方も多いコンタクトレンズには種類があります。大別するとハードコンタクトレンズとソフトコンタクトレンズの2種類です。

ハードコンタクトレンズという品物は、その名の通り硬い素材でできたコンタクトレンズになっており、ソフトコンタクトレンズに比べて少し小さいのが特徴です。そして酸素不足も起こしにくくて、乱視の矯正でも優れていると言われています。

この為、乱視が強い人の場合に、ハードコンタクトレンズの使用が必要になってくる場合も少なくありません。また、ソフトコンタクトレンズに比べて価格が安い傾向もありますので、費用面を考慮してハードコンタクトレンズを選ぶ場合もあります。でも、ハードコンタクトレンズの場合、衝撃などでずれたり目から落ちたりする事があるので、スポーツをしている人などにはおすすめできないものになっています。

しかし、スポーツなど激しい動きむきと言われるのがソフトコンタクトレンズです。

image

何十年か前までは、ソフトコンタクトレンズもハードコンタクトレンズ同様、何度も使用可能なコンタクトレンズでしたが、最近の主流は使い捨てコンタクトレンズです。使い捨てコンタクトレンズですが、1日だけしか使えないものから2週間、1カ月使う事ができるコンタクトレンズと3種類あり、その中から自らにあったコンタクトレンズを選ぶ事が大切になってきます。

3種類あるとはいえ、主に1日タイプと2週間タイプのコンタクトレンズが中心になっており、その両者の中から自分にあったコンタクトレンズを選んでいる人がほとんどです。費用などの点を考えない場合は、選び方としては1日タイプのコンタクトレンズがベストです。

1日タイプという事で、洗浄などのわずらわしさもなくその上毎日清潔なコンタクトレンズを使う事ができる為、目に負担を掛ける恐れがありません。しかし、毎日使う方々の選び方としては費用がネックになっており、費用の事を考えると2週間タイプのコンタクトレンズを使用する方が多くなっています。そのように、コンタクトレンズの選び方にはいろいろとあり、まずは眼科医に相談のもと選ぶ事が大切です。